カープを応援する半可通ものブログ

カープ、たまにMLBのブルージェイズも応援します。ちなみに半可通とは知ったかぶりのことです

岡田明丈について


いよいよ

 昨日から春季キャンプがはじまりました。二軍スタートの中村奨成は報道陣50人以上とさっそく大きな注目を浴びていたみたいですね~。


 一方、一軍はレギュラー陣に加え、坂倉や高橋昂也といった若手有望株が招集されていて、何人が開幕一軍をつかめるのか楽しみです。安部のように遅咲きの例もありますけど、早く出てくるに越したことはないのでね…。


 さて、今回は薮田と並ぶエース候補・岡田投手をどうぞ。


#17 岡田明丈

プロフィール:右投/左打 25歳 position:先発 type:フライボール・ピッチャー
個人成績

2017年 24試合 12勝5敗 防御率4.00 141.2回 完投2 与四死球67 奪三振109 WHIP1.39

2016年 18試合  4勝3敗 防御率3.02 89.1回 完投1 与四死球25 奪三振60 WHIP1.28

主なキャリア:オールスター(2017)


レート:

  • 総合 55(56) チーム投手内ランキング 5
  • 詳細 球威60 変化50 制球45 球速70 スタミナ55
  • ポテンシャル 球威80 変化60 制球50 球速70 スタミナ80 総合70

  • 年齢は2018年誕生日時点。
  • 詳細、数値についてはこちら

まとめ

 昨年は12勝、バットでも8打点をたたき出すなど大きく飛躍したシーズンとなった。一方で、9点差をひっくり返される、リーグワースト2位の63四球、対左への弱さなどの不安定さが相まって最後は二軍調整を強いられCSで投げることはなかった。


 ということで、制球は45、変化も50とやや低めの数値に。ですが、16年と比べてイニング数が大幅に増えた点は評価でき、ポテンシャルではスタミナを80に設定しておきました。現段階では60に抑えましたが、今年の活躍如何では70または80に上方修正される可能性十分あります。


 制球の低さについてですが、この点については球威・変化の成長で補えると思います。というのも、1年目の岡田はむしろ左打者に強く右打者に弱かったはず。これは1年目オフにフォームを変えたことで速球の質が変化し、右には強くなったものの左には効果が半減したんじゃないでしょうか。1年目と2年目のストレートをそれぞれ投げ分けられればいいのに…


 12勝投手にしてはやや厳しい見方ですが、それだけポテンシャルが高い選手だと思っています。伸びしろがいっぱいあって楽しみですね!



以上、次は大瀬良投手の予定です。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。