カープを応援する半可通ものブログ

カープ、たまにMLBのブルージェイズも応援します。ちなみに半可通とは知ったかぶりのことです

投手 一岡・中田・九里

今回は、昨年活躍した中継ぎ3投手をまとめました。今年も一軍の戦力として期待される選手ばかりです。


#30 一岡竜司

プロフィール
右投/右打 27歳 2011年ドラフト3位(巨人)-2014年広島に人的補償移籍 position:中継ぎ type:スタンダード (年齢は2018年誕生日時点)


レート

総合45 チーム投手内 10
詳細     球威50変化40制球45球速50スタミナ40
ポテンシャル 球威55変化45制球45球速50スタミナ40 (レートについてはこちら


個人成績
2017年 59試合 6勝2敗1S19H 防御率1.85 58.1回 完投0 安打42 本1 四球20 死球0 三振58 WHIP1.06
2016年 27試合 1勝1敗0S5H 防御率1.82 24.2回 完投0 安打16 本0 四球10 死球0 三振21 WHIP1.05
通算(6年)168試合 11勝7敗4S47H 防御率2.38 166.1回 完投0 安打132 本6 四球61 死球2 三振152 WHIP1.16


#26 中田廉

プロフィール
右投/右打 28歳 2008年ドラフト2位 position:中継ぎ type:スタンダード (年齢は2018年誕生日時点)
レート

総合40 チーム投手内 11
詳細     球威40変化45制球50球速40スタミナ40
ポテンシャル 球威45変化45制球50球速40スタミナ40 


個人成績
2017年 53試合 2勝4敗0S13H 防御率2.70 46.2回 完投0 安打37 本4 四球20 死球1 三振50 WHIP1.22
2016年 8試合 1勝1敗0S1H  防御率16.62 4.1回    完投0 安打5 本1 四球4 死球1 三振6 WHIP2.08
通算(8年)189試合 15勝14敗0S38H 防御率3.82 226回 完投0 安打217 本24 四球90 死球10 三振197 WHIP1.36


#12 九里亜蓮

プロフィール
右投/右打 27歳 2013年ドラフト2位 position:中継ぎ/先発 type:グラウンドボール・ピッチャー (年齢は2018年誕生日時点)
レート

総合40 チーム投手内11
詳細     球威40変化45制球40球速40スタミナ50
ポテンシャル 球威45変化45制球45球速45スタミナ50


個人成績
2017年 35試合(先発13)9勝5敗0S2H 防御率3.64 116.1回 完投0 安打111 本7 四球44 死球4 三振97 WHIP1.33
2016年 27試合(先発10)2勝2敗0S0H 防御率4.50 80回 完投0 安打79 本9 四球37 死球1 三振52 WHIP1.45
通算(4年)89試合(先発40)13勝13敗0S3H 防御率4.02 295.2回 完投0 安打302 本28 四球119 死球12 三振209 WHIP1.42


まとめ

まず、昨年の一岡は素晴らしい成績を残しました。カープに在籍してからは過去3年間好成績を残すものの故障や好不調の波に泣かされ、まさに「ガラスの好リリーフ」という印象の投手でした。が、昨年は自身初の50試合以上登板・50イニング以上消化を達成。防御率も1点台に留め打たれたホームランは僅かに1本のみと抜群の安定感で不振のB.ヘーゲンズに代わり、今村-J.ジャクソン-中崎らにつなぐ役割を見事にこなしていました。


中田も、一岡と同様故障に苦しむことが多かったですが昨年は2014年以来となる50試合以上登板を達成。防御率も2点台と結果を出しました。特筆すべきは、ランナーが溜まった状態でリリーフ登板し結果を出したことです。これにより緒方監督の信頼を獲得できたように思います。


九里は、リリーフと先発の両方をこなす「スイングマン」と呼ばれる役割を担ったシーズンでした。開幕時に先発ローテ入りすると、K.ジョンソンや野村、床田らが相次いで離脱するなか試合をつくる好投。途中リリーフに回ると、先発もできるロングリリーフ要員としてチームに欠かせない活躍でした。ちなみにレートでは中継ぎを前提とした数値を出しています。



これで投手はひとまずおしまいです。次回は捕手を取り上げていきます。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。